top
音声ファイルの左右チャンネル入れ替え方法


【環境】OS X 10.8.3、QuickTime Player 7 (Pro 7.6.6)、iMac27 mid2010
※あらかじめこちらからサンプルファイル(左チャンネルは無音、右チャンネルのみ音声)をダウンロードし解凍して下さい。


1.Audacity(フリーウェア)を使って行う方法
 1-1.Audacityのダウンロードとインストール
 1-1-1.こちらから「audacity-macosx-ub-2.0.3.dmg」をダウンロードします。
 1-1-2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントします。
 1-1-3.「Audacity」フォルダをアプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップします。
 
 1-2.LAMEライブラリ(mp3での保存ができるようになる)のダウンロードとインストール
 1-2-1.こちらから「Lame_Library_v3.98.2_for_Audacity_on_OSX.dmg」をダウンロードします。
 1-2-2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントします。
 1-2-3.「Lame Library v3.98.2 for Audacity.pkg」をダブルクリックします。
 1-2-4.インストーラの指示に従ってインストールを完了します。
    「libmp3lame.dylib」が /usr/local/lib/audacity/ にインストールされます。
 
 1-3.Audacityにてmp3での保存ができるように設定する
 1-3-1.Audacityを起動します。
 1-3-2.メニューバーの「Audacity」-「Preferences…」を開く。左から「ライブラリ」を選択します。
 1-3-3.MP3 ライブラリ:「場所」をクリックします。「ブラウズ」をクリックし
    /usr/local/lib/audacity/ にある「libmp3lame.dylib」を選択し「Open」をクリックします。
 1-3-4.libmp3lame.dylibの場所:/usr/local/lib/audacity/libmp3lame.dylib となっている事を確認し「OK」をクリックします。
 lame
 1-3-5.「性能:ライブラリ」ウインドウの「OK」をクリックして閉じます。
 1-3-6.サンプルファイル「sample.mp3」をAudacityで開きます。
 1-3-7.メニューバーの「ファイル」-「書き出し…」を選択、Save As:「sample2.mp3」、Format:「MP3 ファイル」、
    「オプション」を適当に設定し、「Save」をクリックします。メタデータを編集で「OK」をクリックします。
    mp3ファイルが保存されれば成功です。
 
 1-4.Audacityで左右のチャンネルを入れ替える
 1-4-1.1-3-6.で「sample.mp3」を開いているのでそのまま使います。
 1-4-2.波形の左のファイル名(sample)が表示されているスイッチ▼をクリックすると、
    メニューが表示されるので「ステレオトラックを分離」を選択します。
 switch
 1-4-3.左チャンネルと右チャンネルに分離されるので、左チャンネル(上の波形)のスイッチ▼をクリックし、
    「トラックを下へ移動」を選択します。すると上下が入れ替わります。
 track
 1-4-4.上の波形の左にあるスイッチ▼をクリックし、「ステレオトラックの作成」を選択します。
    すると左右チャンネル(上下の波形)が入れ替わったステレオトラックができます。
 stereo
 1-4-5.メニューバーの「ファイル」-「書き出し…」を選択、Save As:「sample_audacity.mp3」、
    Format:「MP3 ファイル」、「オプション」を適当に設定し、「Save」をクリックします。
    メタデータを編集で「OK」をクリックします。mp3ファイルが保存されます。
 1-4-6.「sample_irekae.mp3」を再生して左右チャンネルが入れ替わっていれば(左チャンネルのみ音声、右チャンネルは無音)
    成功です。


2.QuickTime 7 Pro(有料)を使って行う方法
 2-1.QuickTime 7 Proでファイル「sample.mp3」を開きます。
 2-2.メニューバーの「ウインドウ」-「ムービーのプロパティを表示」を選択し、プロパティウインドウを開きます。
 2-3.「サウンドトラック」をクリックし、「オーディオ設定」をクリックします。
 audio
 2-4.チャンネル1の割り当てを左から右へ変更し、チャンネル2の割り当てを右から左へ変更します。
 audio2
 
 audio3
 2-5.プロパティウインドウを閉じます。メニューバーの「ファイル」-「書き出す…」を選択し、
   名前:「sample_quicktime.aif」、書き出し:「サウンド から AIFF」、「オプション」を適当に設定
   (例:リニアPCM、ステレオ(L R)、44.100kHz、標準、16ビット)し、「保存」をクリックします。
 2-6.「sample_quicktime.aif」を再生して左右チャンネルが入れ替わっていれば
   (左チャンネルのみ音声、右チャンネルは無音)成功です。
 2-7.ファイルをmp3にしたい場合は、iTunesやAudacity(1-3-7.参照)で変換して下さい。
※QuickTime 7のダウンロード先や、Proの登録コード購入先は次の通りです。
 ・QuickTime Player 7(Mac OS X 10.6.3以降)のダウンロード先
 ・QuickTime 7 Proの登録コード(2,600円)購入先
 ・QuickTime Player 7のインストールとProの登録コード入力方法