top
QT Syncを使用して動画の映像と音声のズレ(音ズレ)を修正する方法


※英語に堪能な方はマニュアル(0.3.1)があるのでそちらをお読み下さい。
※こちらはマニュアルを翻訳したものではありません。経験とコツを記載しているだけです。
【環境】OS X 10.8.3、QT Sync 0.3.3、QuickTime Player 7 (Pro 7.6.6)、iMac27 mid2010


1.QT Syncのインストール
 こちらからダウンロードできます。
 Download QT_Sync.dmgをクリック、飛んだ先のDownload Nowをクリックすると
 「QT Sync 0.3.3.dmg」というファイルがダウンロードされるのでダブルクリックしてマウントします。
 QT Sync.appをアプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップします。
 またはアプリケーションフォルダにQT Syncというフォルダを作り、QT Sync.appおよびマニュアル類をドラッグ&ドロップします。

2.QT Syncで音ズレを修正できる動画形式
 avi、divx、mp4、dv、(mov) はDock内のQT Syncアイコンへのドラッグ&ドロップで開くことができます。
 flv、wmv はQT Syncを起動してメニューバーの「File」-「Open」から開くことができます。
 mpeg1 は開くことだけはできますが、音ズレの修正はできないようです。
※QuickTime 7 Proで書き出す事ができるファイル形式に対応しているようです。

3.音ズレの修正方法
 映像と音声がズレているサンプル動画があるのでダウンロード&解凍して下さい。
 3-1.QT Syncを起動して example_zure.mp4 を開きます。
 kidou
 3-2.動画の最初の方(しゃべっている所や音を立てているところが分かり易いです)で音ズレがある場合、
   Offsetの上(赤矢印)を試しに10回クリックしてみます。
   動画の最初の方では音ズレしていない場合は3-6.へ飛びます。
 start_up
 3-3-1.音ズレがちょっと改善された様なので更にOffsetの上を5回クリックしてみます。
 start_up2
 3-3-2.また改善された様なので更にOffsetの上を5回クリックしてみます。
 start_up3
 3-3-3.この様にOffsetの上や下をクリックして動画の最初の方での音ズレが無くなる様にします。3-5.へ飛びます。
 3-4-1.3-2.を行って音ズレが酷くなった場合はOffsetの下を20回クリック(3-2.で上に10回クリックしたので、
    元に戻すため10回と更に下へ10回で合計20回)してみます。
 start_down
 3-4-2.改善されたら更にOffsetの下をクリックしていき音ズレが無くなる様にします。
 3-5.この様にまずはOffsetの上をクリックしてみて動画の最初の方で改善されれば更に上をクリック、酷くなったら下をクリックして
   動画の最初の方での音ズレが無くなる様にします。
 3-6.動画の最後の方で同様に音ズレがある場合、Durationの上を試しに5回クリックしてみます。
   音ズレがない場合は4.へ飛んで下さい。
 end_up
 3-7-1.音ズレがちょっと改善された様なので更にDurationの上を5回クリックしてみます。
 end_up2
 3-7-2.この様にDurationの上や下をクリックして動画の最後の方での音ズレが無くなる様にします。3-9.へ飛びます。
 3-8-1.3-6.を行って音ズレが酷くなった場合はDurationの下を10回クリック(3-6.で上に5回クリックしたので、
    元に戻すため5回と更に下へ5回で合計10回)してみます。
 end_down
 3-8-2.改善されたら更にDurationの下をクリックしていき音ズレが無くなる様にします。
 3-9.この様にまずはDurationの上をクリックしてみて動画の最後の方で改善されれば更に上をクリック、
   酷くなったら下をクリックして動画の最後の方での音ズレが無くなる様にします。
※音ズレの修正方法の流れをまとめると
 (1)動画の最初の方でOffsetの上や下をクリックして音ズレを無くします。
 (2)動画の最後の方でDurationの上や下をクリックして音ズレを無くします。
 (3)動画を最初から最後まで再生してみて音ズレの無いことを確認します。

4.修正したファイルをエンコードせずに保存する(mp4の場合。QuickTime7Proは必要?)
 メニューバーの「File」-「Export…」を選択します。
 Export:「Movie to MPEG-4」、Use:「Most Recent Settings」を選択し、「Options…」をクリックします。
 Video:「Pass through」、Audio:「Pass through」を選択して「OK」をクリック、「Save」をクリックすると
 ファイル「example_zure_Export.mp4」ができます。6.へ飛びます。

5.修正したファイルをエンコードせずに保存する(movで保存)
 メニューバーの「File」-「Save As Self-Contained Movie…」を選択し、「Continue」をクリック、
 「Save Self-Contained」をクリックするとファイル「example_zure_Self-Contained.mov」ができます。

6.修正したファイルの再生
 4.または5.で保存したファイルを再生してみます。音ズレが無くなっていれば成功です。